中古車の買い取り時に用意する書類

買取してもらう際に必要なもの

インターネットで無料オンライン買い取り査定をしてもらって査定金額に納得できた場合は、次に「実際の店舗での査定」か、あなたの家まで来てくれる「無料出張査定」という流れになります。

 

少しでも早く愛車を買い取りして欲しい方は、査定後すぐに売却できるように必要書類を用意しておきましょう。

 

車の買取りに必要な書類

 

実際の査定後は、当日中にでも売却できてしまうので、クルマの買い取りをお願いするのって本当にスピーディーだし簡単な手続きになっているのです。

 

車の売却に必要な書類

(1)自動車検査証(車検証)
自動車保安基準に適合していることを証明する書類のことで、常にクルマの中に無ければいけないものです。

 

無くしてしまった場合は、急いで運輸支局で再発行してもらいましょう。

 

(2)印鑑登録証明書(印鑑証明)

 

(3)実印

 

(4)自賠責保険証明書
自賠責保険証明書も無くしてしまいがちですが、これが無いと、売却することができない大切な書類です。

 

(5)自動車納税証明書
自動車税を納付していることを証明する書類のことで、これも売却時に必ず必要です。

 

※以下は、その他、場合によって必要となるもの

 

(6)リサイクル券
リサイクル法が適用になった後に車検を受けた方は、リサイクル料金預託のためにもらっているはずです。
車検がまだの方は、持っていなくても大丈夫です。

 

(7)金融機関の口座情報
売却金額を振り込んでもらうための口座

 

(8)住民票
車検証と印鑑証明の住所が違う場合に必要となります。

 

(9)戸籍謄本
結婚されて姓が変わった場合

 

※以下、通常はお店側で下準備をしてくれるもの

 

(10)委任状
クルマを売却した後の手続き(名義変更等)を、買い取りしてもらうお店に代行してやってもらうことを承認する書類。

 

(11)譲渡証明書
あなたのクルマをお店に売却したことを証明する書類です。


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】