新古車、展示車という候補も視野に入れよう!

自動車の種類

車を始めて購入する時、またはクルマの買い替えを考え始めた時、一番最初に悩むのは自動車の種類(新車・中古車など)ではないでしょうか?

 

新車か中古車か?クルマの種類を選ぶ

 

新車や中古車などクルマの種類によって、価格はもちろんのこと、欲しい車の在庫状況も大きく異なってきます。

 

車購入のための予算や妥協点を、一度整理するためにも、市場にはどのような車の種類があるのか把握しておきましょう!

 

特に新車を購入予定の方は、中古車や新古車を視野に入れておくと、数十万円以上のお得な買い物にすることができます。

 

新車

新車とは、その車を購入したお客様の名義で、初めて運輸支局にナンバー登録されるクルマのことです。

 

過去に1度でも登録されてしまうと、まったく走行していないクルマであっても新車ではなくなります。

 

中古車

中古車とは、過去に誰かが購入し、乗っていたことがある自動車のことを、一般的に中古車と呼びます。

 

実際には、クルマが運輸支局にナンバー登録された段階で、新車から中古車と呼ばれてしまいます。

 

例え、走行距離が1メートルだとしても、登録されれば中古車なのですね。

 

新古車(未使用車)

新古車とは、運輸支局にナンバー登録されたクルマですが、ほとんど未使用と言っても良い状態にある自動車のことを言います。

 

新車を販売するディーラーなどで、展示品として使われたクルマなどが、改めて新古車として市場に出ています。

 

※販売ディーラーがメーカーの販売台数のノルマを達成するため、もしくは報奨金が出る台数に届かせるために、自作自演の販売を行い、それが新古車として流れている場合もあるようです。

 

新車よりも車輌価格が割安であり、税金面でも優遇されます。

 

認定中古車

認定中古車とは、国産メーカー、輸入車メーカーの正規ディーラーが取り扱う品質が保証されている中古車のことです。

 

メーカー側が定めた点検項目をクリアしており、パーツも新品に交換されますのでコンディションの良い中古車に乗れるという安心感があります。

 

認定中古車は「アプルーブドカー」とも呼ばれます。

 

展示車

展示車とは、ディーラーのショールームや営業所に展示されているクルマのことで、販売側にとって見れば在庫に当たります。

 

自分の欲しいクルマが展示されている場合などは、展示車を購入することで、大きな値引きが期待できることもあります。

 

並行輸入車

海外の日本未投入車種を中心に、販売ディーラーが海外から直接仕入をした輸入車のことを言います。

 

日本では珍しいと言われるクルマに乗りたい場合に利用する方が多いです。

 

ですが、正規輸入車でないこと、日本未投入であるため仕様がわからないなど、万が一の修理に対応できないこともあるのが「並行輸入車」の特徴ですから、アフターサービスも含め、なるべく対応の良い販売店を選ぶことが大切です。


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】