ドライバーによって保険料が大きく異なる仕組み

自動車保険を安くする方法

自動車保険の保険料は、ドライバーの等級や年齢、乗っている車の車種によって大きく異なった金額設定がされています。

 

どれくらい保険料が違うかというと、2倍どころではなくて4〜5倍も異なってくるのです。

 

自動車保険料を安くしよう!

 

ですが、それらは基本的にすぐに変えることができないデータなので参考にしかなりません。

 

「20代でミニバンに乗っている若い方」と「50代で軽に乗っているベテランドライバー」の保険料が異なるのは仕方のないことなのです。

 

むしろ大事なことは「自分の属性にとって、どこの保険会社の商品が最も保険料が安いのか?」を見極めることなのですが、1社2社ではなく10社以上の中から比較しないと本当にどこの保険料が安いのかわかりません。

 

そこで、今スグ簡単に自動車保険料を安くできる方法が「無料の一括見積もり」で、今のところこれしかありません。

 

25000円も安くなる

 

普通の人は10社以上の比較が面倒なのでできないのですが、一括見積もりのおかげで簡単に可能になったのです!

 

どのくらい強力かというと、一括見積もりを利用すると「保険料が平均2万5千円」も安くすることができます。

 

これをやることで「サービス内容」と「保険料」を最大20社以上で比較できるので、簡単に自分に合った保険を絞り込めます。
 

2万5千円も安くなる自動車保険の一括見積もり

・最大17⇒21社に増加!
利用者の方が平均で25,000円安くなった実績
既に250万人以上の方が利用中
国内と外資系の保険会社を合わせて見積り可能

最大21社で比較
比較結果は見やすい一覧表で確認!
マザーズ上場会社が運営

 

これから、

  • 自動車保険に加入する方
  • 見直しを考えている方

は、必ず複数の会社から見積もりを取って比較検討しましょう!

 

保険料を安くするためには、事故を起こさないドライバーになることの次に「自動車保険の比較」が大切で、これだけで年間数万円の保険料節約が実現可能です。

 

等級・年齢

例えば、これまで事故を起こしたことがないゴールド免許のベテランドライバーの場合は保険料がかなり安くなりますし、自動車免許を取ったばかりの初心者の方の場合は、かなり高い保険料が設定されます。

 

保険会社が私たちに設定する上記のような区別を「等級」と言い、等級が上がるほど保険料が安くなりますので、まずは安全運転で無事故を心がけることが最大の保険料節約となります。

 

また、年齢が高いほど運転歴も長くなる場合が多いので、保険料が安く設定されます。

 

車種

自動車の種類によっても保険料が異なってきます。

 

クルマのサイズや排気量が大きくなるほど、保険料も高くなっていきますので、小さな車を購入すること自体が既に保険料の節約となります。

 

外資系の参入

自動車保険業界へ外資系が参入したことにより、保険料や商品内容の競争が始まりました。

 

これは、私たち利用者にとっては、とても良いことで、複数の保険会社を比較することによって「自分に合っている保険内容で保険料が安いもの」を選べるようになったのです。

 

上記の一括見積もりでは国内と外資系の保険会社を同時に比較することができるので、本当に自分にとってピッタリ合った保険を見つけることができます!


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】