任意保険と強制保険の違いをご存知ですか?

自動車の任意保険と自賠責保険(強制保険)

路上を走る自動車にはすべて保険がかけられていることになっています(無保険のクルマは法律で路上を走ってはいけないことになっています)。

 

自動車保険は、大きく

  1. 任意保険
  2. 自賠責保険(強制保険)

に分類できます。
それぞれの違い・差について解説していきたいと思います!

 

(1)任意保険について

自動車保険(任意保険)は、納車日の前までには加入して、そして保険期間が始まっている状態を目標として加入するようにします。

 

任意保険と強制保険

 

なぜなら、任意保険に加入することなしに運転して他人様にケガを負わせてしまった場合、相手の仕事等にもよりますが、予想以上の損害賠償しなくてはいけないこともあり得るからです。

 

もちろん、そういった緊急時にでも自分の貯金で支払える人は保険に加入する必要はありませんが、ほとんどの方が無理だと思いますので、その為に任意保険に入っておく必要があるのです。

 

任意保険の種類と等級についてはこちら!

 

(2)自賠責保険(強制保険)

すべてのクルマに加入が義務付けられているのが自賠責保険です。

 

様々な対象に保険をかけることができる任意保険に対し、自賠責保険の適用範囲は「人」に限られます。

 

「ヒト」に対して起きる事故での保証のみが自賠責保険の適用範囲となります。

 

保険金額は以下のとおりです。

  • 傷害による損害(被害者1名あたり限度額)…120万円
  • 死亡による損害(被害者1名あたり限度額)…3,000万円
  • 後遺障害による損害(被害者1名あたり限度額)…4,000万円

この保障額だけは心もとないということで、多くの人が任意保険にも加入しているのです。

 

自賠責保険の保険金(掛け金)

期間や、種別(乗用車か、商用車か、軽自動車か…など)によって異なりますが、それほど大きく異なりません。

 

自賠責保険(強制保険)の現実

自動車保険は「自賠責保険(強制保険)」に入るから他はいらないんじゃないの?

 

と思われている方もいるかもしれませんが、実際は自賠責保険(強制保険)だけでは、間に合わない金額を請求されるということは、ざらに起きているのです。

 

※自賠責保険(強制保険)の死亡および重度の後遺障害の場合の補償の限度額は3,000万円ですが、裁判所の判例では1億円以上の損害賠償を認めるものも多く、場合によっては2億円以上というケースも存在しています。

 

自賠責保険(強制保険)の3,000万円だけで、いったいどうやって支払えば良いのでしょうか?

 

自動車の任意保険料は、若い方で年間20〜30万円以下、ベテランの方なら5万円を超えないで済むものですから、万が一の事故で人生のプランが狂わないように任意保険の加入を切にお願いしたい気持ちです。

 

これは、ドライバーが加害者になってしまった時に金銭的な面で困らないようにするという面と、被害者の方にもきちんとした賠償をするという面の両面が関わってくることでもあるのです。


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】