車種がほぼ決定している方は見積もりを行ってみましょう!

販売店(ディーラー)に見に行こう!

これまで見てきた新車・中古車・新古車の選び方のページで、具体的な車種まで決めることができたら、再度、自分の中で購入意思の確認をしましょう。

 

そして、
「実際にクルマを見たり、試乗してみて、良かったら購入したい。」
というところまで決まっているようでしたら「見積もり」のステップに進んでいきます。
(※中古車の場合は在庫が1台ですので特に積極的に見積もりを出しましょう!)

 

ここでひとつだけアドバイスです。
絶対に、いきなり販売店やディーラーに行くことはせずに、インターネットで「オンライン見積もり」から始めるようにしてください。

 

なぜなら、オンライン見積もりには大きな2つのメリットがあるからです。

 

オンライン見積もりの2つのメリット

(1)オンライン見積もりは、複数の販売店(ディーラー)から、客観的な見積もりを出してもらえるため、クルマに詳しくなくても簡単に価格の相場を把握することができます。

 

価格の相場を知ることで、足元を見られて高い金額で買わされることも防げますし、何より値引き交渉の展開を、あらかじめ想定できることは、販売店(ディーラー)に出向いた時に行われる価格交渉時に、とても有利な精神状態で臨むことができるのです。

 

事前にいくら割引きして欲しいと決めていけば、購入金額に「数十万円の違い」をもたらすことも実際によくあることですよ。

 

車のオンライン見積もり

 

(2)オンライン見積もりをすることで担当者が付く
少し想像してみてください。新車でも中古車でも、初めて販売店(ディーラー)に行った時に、担当者もいない一見客のあなたは、どこか落ち着かない感じでスタートを切ります。

 

休日などの忙しい時期に行けば、店員もみんな自分の担当に精一杯。
ただ見に来ただけかもしれないあなたは、待たされたり放置され続けることは、最初からわかりきっていることなんです。

 

そこで、事前にオンライン見積もりをしておくことで、あなたの家の近所の販売店(ディーラー)を紹介してくれて、さらに担当者まで付いてくるという待遇もしてくれるのです。

 

オンライン見積もりは無料ですし、見積もりしたからと言って、実際に購入するかどうかは、まったくの別問題と考えて見積もりをするのが良い心構えだと思います。

 

最近は、電話連絡の必要もあり・なしから選択できるので、ご自分の購入意欲によって、使い分けると良いでしょう。

 

もちろん、購入意欲の高い方は、電話連絡ありにして、担当者からいろいろな情報を引き出しましょう!

 

担当者の方も購入意欲の高いホット客に対しては、普通以上の割引きをしてくれることもありますよ。

 

オンライン見積もりを取った後

オンライン見積もりを取った後に、こちらが希望すればメールや電話で担当者とのやり取りが始まります。

 

すると「一度お店まで見に来ませんか?」というお誘いがかかりますので、見積もり内容に満足できる内容でしたら販売店(ディーラー)まで見に行って試乗させてもらいましょう。

 

「見積もり」を見て悩んでいるだけではわからないことが、実際に見たり試乗することで一気に解決することは多いです。

 

この時も、実際に購入するかどうかは別問題ということを、自分の中の心構えとして再確認しておきましょう。

 

最終的な購入判断は、すべて「クルマ次第」なのです。

 

自動車ディーラーとは?

昭和もバブル経済まで、家電というのは、それぞれメーカーの系列店(いわゆるパパママショップ)で購入することが普通でした。

 

家電各社の商品が一同に介しているのは秋葉原くらいで、「秋葉原に買い物に行く」=「電化製品を買いに行く」でした。

 

こんな仕組みも家電量販店の普及で、なくなってしまいました。
ヨドバシカメラや、ビックカメラ、ヤマダ電機に、ケーズデンキなどの大型家電量販店で電化製品を買うことが一般的な話となりました。

 

しかし、いまだに独特の販売方法&購入方法が残っている世界があります。
それが自動車です。

 

一般的に新車はディーラーと呼ばれる各自動車メーカーの系列販売店で購入するのが普通です。

 

メーカーの設定した販売チャネルをディーラーと呼びます

ディーラーとはメーカー(トヨタ自動車や、日産自動車ですね)が設定した販売チャネルを意味します。

 

多くの販売チャネルを持つことは「マルチチャネル」といいますが、これはアメリカのGM(ゼネラル・モーターズ)が始めた販売方法です。

 

アメリカの自動車産業は長い間、日本のお手本であったため、トヨタを始めとした日本車各社はマルチチャネルの販売網を構築することに努力してきました。

 

ですが、バブル崩壊を気に1990年代から販売チャネルを統合する動きが出てきました。

 

ディーラーの種類

さて、このディーラーですが販売権をどこが持つかで分類することができます。

  • メーカーが販売権を持ち運営しているディーラーを「メーカー系」
  • 地域の有力者が販売権を持つディーラーを「地場系」

と分類します。

 

「メーカー系」に関してはトヨタ関連でしたら当然、トヨタ系のチャネルのディーラーのみの運営となりますが、地場系の場合、トヨタ系の販売チャネルと輸入車系の販売チャネルの両方を運営している会社も多数あります。

 

輸入車系に関しては、メルセデス・ベンツと、VWと、フィアットと、クライスラーのように複数のメーカーのディーラーを運営しているということもあります。

 

さて、前述したとおり、家電は各メーカー系列の販売店が淘汰され量販店に集約されるようになりましたが、自動車の場合はいまだに各メーカーの販売チャネルを通しての販売が一般的となっています。

 

これは、自動車は家電に比べて高価であることと、オプションが複数組み合わされ、多品種少量生産となっているため、この方が効率的に販売できるからなのです。

 

販売店・ディーラーに行くときは

担当者とは、良いコミュニケーションを取っておく方が、何かと便利ですので、あなたも謙虚すぎず傲慢すぎずに、程よい態度で接すると良いでしょう。

 

また、予算などのお金に関することは、アバウトな感じくらいの方が割引き交渉がしやすいのですが、クルマの形や機能に関しては、自分なりで良いので、あなたの意見を明確に伝えるようにしましょう。

 

あなたが店員だった場合に「この人は何が欲しいのか?」と思うくらいやりにくいと思うことはないですよね。

 

また、試乗する際には履物に注意して行ってください。
サンダルやヒールの高い靴は、運転するのにあまり良くありません。

 

また、アポイントを取った約束時間に遅れると、あなたの中に「申し訳ない」という心の負債を抱えることになり、後々の交渉の際に影響が出る場合がありますので時間には余裕を持って行くようにしましょう。

 

自動車ディーラーにまつわる都市伝説

一般的に敷居が高いと思われており「銀座の高級ブランド店よりも敷居が高い」と言われることもあります。

 

ディーラーは敷居が高い?

 

そんなディーラーには、
「一度入ってしまったら、購入するまで、契約するまで店を出ることができない」
という都市伝説があります。

 

最近では、車を1台でも多く売る為に、ディーラー側も企業努力をしています。

 

自動車ディーラーだって頑張っています

あるはずもない都市伝説には自動車ディーラー側だって気がついています。

 

ロードサイド沿いにできる大型ショッピングモールに「自動車ディーラーが出店する」というニュースを聞くこともありますが、それはディーラー側が「多くのお客さんに来て欲しい」と思っている証拠です。

 

油で汚れたつなぎを着た整備士がいるイメージを一掃するために、

  • おしゃれなカフェスタイルを採用
  • 子供向けの英会話学校を開設

するようなお店まで出てきています。

 

これらはすべてディーラー側の熱い想いがあってのことなのですよね。

 

自転車で行っても怒られることなんてありません

幹線道路沿いに位置していることが多い新車ディーラーなので、車でないと行きづらい雰囲気を醸し出しているのも確かです。

 

ですが、ほとんどのディーラーには「自転車置き場」があるのです。

 

普通に考えて、生まれて初めて自動車を購入する人が、そもそも自動車を持っているわけがないですからね。

 

ですから、胸を張ってディーラーに自転車で乗り付けましょう。

 

もしかしたら、ディーラーの営業マンも、クルマで乗り付けた時ほど熱心に接客してくれないかもしれません。

 

でも、いいじゃないですか。
買うまで離してくれないような接客を、こちらも望んでいるわけではないのですから。

 

自転車で乗り付けて、好きなクルマをジロジロ見て、気になったらカタログでももらって帰りましょう!

 

ディーラー側は敷居を下げたいと思っているので、そういう感じで利用しても構わないのです。


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】