中古車専門用語でよく出てくる車検に関する言葉

「車検なし」と「検2年付き」の違いとは?

中古車販売店やインターネットの中古車情報サイトを見ていると「検なし」や「検2年付き」などという表示を見かけると思います。

 

車検なしと検2年付きの違い

 

「検」とは、もちろん「車検」のことなのですが、「検なし」や「検2年付き」の意味は、じゃっかん業界用語っぽいところもありますので、このページで解説したいと思います。

 

「検なし」とは?

検なしとは、まさにその中古車の車検が切れているという意味です。

 

また、車検にかかる費用は、車両本体価格に含まれていない。
ということですので、車検のために、別途、費用がかかることになります。

 

ですが、「検なし」をあまりマイナスポイントとして考えることもないのです。

 

車検期間が残っている中古車だとしても、それが、きちんと検査されたクルマであるとも限らないからです。

 

安全に中古車を乗りこなすためには、購入後に点検整備を受ける方が良いですから、車検が残っていようとどうだろうと、点検整備のための費用は最初から織り込んでおきましょう。

 

ですから、欲しいクルマの在庫があったとして、それが「検なし」だったとしても大きなマイナスポイントにはならないということです。

 

「検2年付き」とは?

「検2年付き」は、少しややこしい業界用語で、車検期間があと2年間残っていると思ってしまいがちです。

 

ですが、本当の「検2年付き」の意味は、車両本体価格に2年車検の整備費用が含まれているという意味です。

 

この「車検整備費用」というのは、車検を通すために行う整備費用のことで、車検取得時に必要となってくる2年分の重量税や自賠責保険料は含まれていません。
※「検1年付き」には、1年車検の整備費用が含まれています

 

ですからこの表示が付いていた方がお得!ということになります。

 

中古車購入前に、わからない用語があったら、面倒ですが調べるようにしましょう!

 

携帯やスマホでも、検索すれば簡単に意味がわかると思いますので、その一手間を省かないようするのも中古を取り扱う時には非常に大事な心がけとなってきます!


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】