スーパーと頭に付くレースについて

スーパーフォーミュラ、スーパーGT、スーパー耐久

小林可夢偉選手が1シーズンぶりにF1に復帰した時、名門フェラーリのシートをではなく、F1で最下位グループを走っていたケータハムのシートを、それも持参金を持ち込み無報酬という条件で獲得しました。

 

それほどまでにF1のシートというのは魅力的なわけです。
このような話を持ち出さない間でも、F1が世界で行われるレースの最高峰であることは紛れもない事実です。

 

F1ドライバーのステータスは、みんなが知っているハリウッドセレブ以上です。
何しろ、F1ドライバー、とくに現役のF1ドライバーはテストドライバーを含めても50人もいないのですから。

 

さて、F1が世界で行なわれるレースの最高峰だとしたら、日本のレースの最高峰は何なのでしょうか?

 

それはスーパーフォーミュラです。
日本のトップフォーミュラ・レースであるスーパーフォーミュラについてご紹介しましょう。

 

スーパーフォーミュラなどのレース詳細

 

スーパーフォーミュラのレースは2013年より

日本で開催されるレースのトップカテゴリである、スーパーフォーミュラのスタートは2013年から。
それまではフォーミュラニッポンと呼ばれていました。

 

フォーミュラニッポンは通称「日本一速い男決定戦」と呼ばれており、その名の通り、日本国内でのレースという立ち位置でした。

 

この現状から一歩踏み出し、アジアで開催されるスタンダードレースになろうということで、2013年より名称がスーパーフォーミュラ(略してSF)となったのです。

 

国際格式のレースであり、見た目もF1と似ていますが(あのようなスタイルをフォーミュラマシンといいます)、中身は大きく違います。
まず、シャシーはワンメイク(1社のみ)となります。

 

F1では、

  • フェラーリ
  • マクラーレン
  • レッドブル
  • ケータハム

が独自にシャシーを開発しますが、スーパーフォーミュラでは1社のみで全チーム共通です。

 

2013年はスウィフト社製が、2014年はダラーラ社製が使用されています。
エンジンはトヨタとホンダが供給しています。

 

2013年は3.4リッターのV8エンジンでしたが、2014年からは2リッターの直4ターボエンジンとなります。

 

日本のトップフォーミュラ、その歴史は長いのです

前述したとおり、2013年よりフォーミュラニッポンがスーパーフォーミュラと名前を変えております。
そのフォーミュラニッポンも、スタートは1996年になります。

 

また、それ以前は全日本F3000選手権とよばれていました。
名前がコロコロ変わるのは、大元となる国際格式のレース形式(ルール)が変わるからです。

 

どんな名前であってもF1のすぐ下のカテゴリとなるため、世界的な状況に合わせて、運営内容が変わり続けているのです。

 

さて、そんな日本のトップフォーミュラですが、ここからF1にステップアップした選手は数知れません。

  • 中嶋悟
  • 鈴木亜久里
  • 高木虎之介

といった日本人のF1ドライバーはもとより、ラルフ・シューマッハに、ペドロ・デ・ラ・ロサなどのF1ドライバーも排出しているのです。

 

スーパーGT

日本で開催される国内レースの最高峰といえばスーパーフォーミュラですが、日本で開催される国内レースで、最も集客力のあるレースと言ったらスーパーGTです。

 

トヨタ、ホンダ、ニッサンのワークスマシンがしのぎをけずるGT500というカテゴリと、ポルシェに、プリウスに、CR-Zに、BRZといったおなじみのマシンがしのぎをけずるGT300というカテゴリ。

 

バラエティ豊かなマシンラインナップ(参戦車両)もファンを惹きつけるポイントですが、キャンギャルのお姉さん方もファンを惹きつけてやまないポイントだったりします。
そんなスーパーGTについて説明します。

 

ドイツとも手を結んだ日本のGTレース

スーパーGTというレースシリーズは2005年より始まっています。
それ以前は全日本GT選手権とよばれていました。

 

名前を変えた大きな理由は日本で最も集客力のあるレースを海外展開したいという点からでした。

 

全日本GT選手権とよばれていた頃、レースのほぼ全ては日本で行われていました。
名前がスーパーGTとかわってからはマレーシアや、タイといった東南アジアのサーキットでもレースが開催されるようになりました(2014年の海外レースはタイで行われます)。

 

また、それだけでなく2014年からはドイツで開催されるドイツツーリングカー選手権(DTM)とも車両規則を共通化し、DTMの参加車両がスーパーGTに参戦できる(その逆もあり)ようになりました。

 

DTMはドイツでF1と人気を二分するカーレースで、メルセデス・ベンツ、アウディ、BMW、オペルが参戦しています。

 

バラエティに富む参戦車両が魅力の1つ

スーパーGTは大きくGT500とGT300にクラスをわけることができます。
GT500は前述したとおり、ニッサン、ホンダ、トヨタがそれぞれGT-R、NSX、SC430でワークス参戦し、しのぎをけずっています。

 

一方、GT300は自動車メーカーが直接レースに関与しない「プライベーター」とよばれるチームが主体となっています。

 

そのため、参戦車両がすごい。CR-Zや、プリウスといったハイブリッドカーに、ポルシェ、ランボルギーニ、マクラーレン、アストンマーチンといったスーパーカーメーカーのレーシングカーがごちゃごちゃになってレースをしているのです。

 

スーパー耐久(S耐)

F1をはじめとして、日本では様々なレースが開催されています。
しかし、F1以外のレースがテレビの地上波で放映されることはほぼなく、車好きではない方にとっては、かな〜り遠い世界に感じられてしまう…というのが現実です。

 

さらに、たまのスポーツニュースや、新聞、雑誌でレースの状況を見かけても「市販されている車名と同じだけれど、見た目がぜんぜん違うじゃないか!」ということになってしまうのがおおいわけで…どんどんどんどんモータースポーツが縁遠い物となってしまうわけです。

 

車好きから少しだけ言い訳をさせていただきますと、名前は同じなのに見た目が全く違うクルマが登場するのは、「レースに勝つため」広い範囲で改造が認められているからなのですよ。

 

この言い訳でも「やっぱり、やっぱり身近じゃないじゃない」となってしまいそうですが、ちょっと待って下さい。

 

”偉大なる草レース”と呼ばれ、ほとんど改造が認められていないレースがあるのです。

 

そのレースの名前はスーパー耐久、略してS耐についてご紹介します。

 

安全性向上と耐久性向上に関する改造しか認められていないS耐

スーパー耐久、略してS耐。
その名の通り耐久レースです。

 

現在はレースカレンダーに組み込まれてはいませんが、かつては十勝24時間レースという24時間の耐久レースも行われていました。

 

耐久レースは、サーキットを何時間も全開で走行し、速さと耐久性を競い合うレースです。
通常に販売されているクルマであっても「通常の使い方+α」くらいの使い方では壊れません。

 

しかし、何時間以上も全開で走行できるような作りにはなっていません。
また、三百キロ近いスピードで大クラッシュをしても、ドライバーが助かるような作りにはなっていません(そもそも、一般道でそんなスピード出すことができません)。

 

スーパー耐久参戦車両は大きくこの2点に関してのみ改造が認められています。
エンジンの馬力アップや、空力性能を大きく改善するためのボディ変更は一切認められていません。

 

このような制約条件があり、スーパー耐久参戦車両の見た目は、日常、街なかで見かける車両と同じ状態となっています。

 

偉大なる草レースと言われるには他の理由もあるのです

F1のテレビ中継を見ていると、アナウンサーと解説者がピットストップでアツくなっていることが多々あります。

 

なんで、ピットストップで興奮するのでしょう?
それは、ピット作業の優劣がレースの結果を左右するからです。

 

2位に5秒差をつけている1位の車両も、ピット作業で10秒の時間を費やしてしまうと、無条件で2位になってしまいます。

 

  • どのタイミングでピットにはいるのか?
  • ピットでどのような作業を行うのか?

これはレースマネージメントを行なう上でものすごく重要な事なのです。

 

お金持ちのレースチームはピットクルーを何人も抱えています。
人海戦術で一気に作業をすれば、ピットストップの時間を短縮できますからね。

 

このピット作業に大きな制限が設けられているのが、スーパー耐久なのです。
例えば「タイヤ交換は2名、その他の作業は4名までしか携われない」と規定されています。

 

これはどんなにお金持ちおチームであっても適用されます。
メーカーがお金に物を言わせてドーニかすることができないため、スーパー耐久は「偉大なる草レース」と呼ばれているのです。


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】