レスオプションとは?

レスオプションを活用してカーナビ・オーディオを外そう

スマホが主流になって、世の中便利になりました。
少し前までは、生まれて初めていくような場所に出向くときは、

  • 分厚い地図帳を持ち歩いたり
  • 地図をコピーして、それを小さく折りたたんで

持って行ったりしていましたよね。

 

今の時代そんなコトする必要はなくなりました。
スマホの地図アプリ(グーグルマップなど)を立ち上げて、行きたい場所を検索するだけでOKです。

 

多くの地図アプリはナビ機能と連動していたりするわけで、そうなるともはや「カーナビいらなくない?コレで良くない?」と、思うようになります。

 

カーナビ不要論

 

レスオプションという素晴らしい仕組み

そんな「カーナビはもはや不要」と思うアナタに朗報があります。

 

ある一定価格以上のクルマを購入する場合、カーナビがついていないグレードを探すことが難しい車種もあります。
「スマホをナビ代わりにするから、カーナビいらないのに・・・」と思ってしまいますよね。

 

そんな時は、ディーラで恥ずかしがらずに「レスオプションってありますか?」と訪ねてみてください。

 

レスオプションとはその名の通りオプションを外すことです。
盛りだくさんの装備の中から「これ、いらない!」という装備を外すことを意味しています。

 

1円でも高くクルマを売りたい販売店は、なかなか、レスオプションについて語ろうとしません。だって、多くのレスオプションの場合、選択すると価格が下がってしまうわけですからね(注意!モノによっては価格が上がりますよ)。

 

主に外されるのはオーディオとカーナビ

そんなレスオプションの餌食(えじき)?となってしまいやすいのは、

  • オーディオ
  • カーナビ

です。
どちらもスマホで代用できるからですね。

 

レスオプション自体は、スマホの使い方を読み取ったメーカー側が、先手を打って登場させてきました。

 

とはいえ、知っている人・利用している人は、いまだ少数。
しかも、「レスオプション自体がメーカーオプションだったりする」というなんだかわけわからない状況に陥っていたりします。

 

利用する際の注意点

カーナビや、オーディオを外すことで支払総額を抑えることは可能です。
ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。

 

そのなかで最大の注意点は、カーナビ&オーディオが収まる予定だった場所をどうするか?ということです。
一般的にカーナビ&オーディオはダッシュボードの一等地に設置されています。

 

その部分が空っぽになってしまうので、ちょっと見た目がかっこ悪いので、コレをどうにかする点があります。

 

この空き地をあなたらどうしますか?
よくある活用方法としては、やはりスマホやタブレットを置く場所として台などを設置するという方法です。

 

ユニークな活用方法を考えてみてください!


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】