車両価格+オプション価格にかかる税金

取得税を安くする方法

自動車取得税とは、車両本体の価格にオプションなどを合わせた総額に対してかかる税金のことです。

  • 自家用車なら5%
  • 営業用自動車と軽自動車なら3%

が課されることになります。

 

勘の良い方なら既にお気づきだと思いますが、車両価格だけではなく、オプションの料金にまで自動車取得税が課されますので、ここを節約したいですよね。

 

カーナビで自動車取得税の対策

 

例えば、カーナビとオーディオを装備させて、オプション料金が30万円だとした場合、
30万円×5%=15,000円
にもなってしまうのですね。

 

クルマを購入する時は、やや金銭感覚が麻痺しがちですが、冷静になって考えてみると、とても大きな出費です。

 

ここをどうにかして安く済ませることも、車の買い換えにおいてはひ所うに大事なポイントになってきます!

 

以下、具体的な方法を見て行きたいと思います。

 

自動車取得税を節約する方法

ということは、つまり車両を購入する時に、オプションをつけないというのが正解です。

 

そして、オプションを付けたい方は、後でカーショップや車両を購入したディーラーで購入すれば良いのですね。
それに対して、自動車取得税はかかりませんから。

 

そうすれば、オプションに対する自動車取得税を支払わずに済ますことができます。

 

また、よくオプションを付ける代わりに車両価格を値切るというテクニックがあると思いますが、もちろん、このテクニックはとても有効なので使わなければ損です。

 

その場合、以下のような順序で販売員の方に相談してみてください。
通常の2倍の効果のある値引き方法です。

  1. 当サイトやいろいろな情報を使い、あらゆる方法で車両価格を値切る
  2. 限界に来たと思ったら、オプションを付けるから値引きしてくれと提案する
  3. 自動車取得税を節約するために、オプションは後で付けることをお願いする

この方法を使えば、車両価格の値引きに加えて、自動車取得税の支払い額も少なくすることができます。


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】