最近人気のオートローンは残価設定型

残価設定型オートローンとは?

残価設定ローンとは、新車を購入する場合に3年もしくは5年後の下取り価格を車両価格から差し引き、残りの金額を分割で購入することができるオートローンです。

 

残価を設定する期間は、3年もしくは5年が一般的ですが、仮に3年と設定した場合は3年後の下取り価格は車両価格の約半額くらいになりますから、
「新車が半額で購入できる!」
というようなキャッチコピーと、
「通常の自動車ローンよりも、毎月の返済額の負担が少ない!」
というようなメリットで紹介されます。

 

期限がきたら

3年の残価設定ローンで新車を購入し、実際に3年が経過すると、

  • クルマを手放して下取りに出すか?
  • そのまま乗り続けるために、残価分の金額を支払うか?

どちらかを選ぶことができます。

 

車に愛着が湧き、そのまま乗り続ける場合でも、残価に対しても分割払いを適用することができます。

 

残価ローンの注意点

【下取りに出す場合】
残価を設定する時は、通常の車の状態を見越して、相場の金額が設定されます。

 

ですが、大きな事故を起こしてしまったり、規定の走行距離を超過してしまった場合は、下取りに出すときの価格が安くなり不足分の支払いを求められることもあります。

 

走行距離に関して言えば、長距離を走るヘビーユーザー向けではなく、週に数回、車を乗る程度のライトユーザー向けといえます。

 

【乗り続ける場合】
残価設定ローンは、通常の自動車ローンに比べて、実質年利で1.0%ほど高く設定されるのが一般的です。

 

つまり、残価設定ローンを組んだけど、3年後にやっぱり乗り続ける場合は、最初から通常の自動車ローンで購入した場合よりも、トータルのローン支払い金額は増えてしまいます。

 

残価設定ローンを組む時には、通常のオートローンで購入する場合との金利と総支払い金額を出してもらい、自分で納得いく金額であるかを確認しておくと良いでしょう。


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】