金利が安くお得な自動車ローンを見つけましょう!

自動車ローンで購入する

車のために貯金をしていた方は必要ないですが、十分な貯金が無かったり、急に車が必要になった方は、自動車ローンやクレジットを利用して購入すると思います。

 

ですが、自動車ローンやクレジットを利用する前に、親や兄弟・結婚している方ならパートナーの貯金(へそくり)を、金利なし、もしくは安い金利で借りることができないか確認してみましょう。

 

できるならば、それが一番安い自動車ローンとなるはずです。
高い金利で借りてしまうと、最初は良いですが、後々に必ず後悔することなると思います。

 

自動車ローンで頭を悩ませないために!

 

ですが、もし他に当てのない方は、なるべく少しでも安い自動車ローンやクレジットにお申込みをします。

 

金利は、少しでも低い方が良いですから、自分に合いそうなものを複数比較してみることが大切です。

 

以下、順に説明していきます。

 

販売店クレジットと自動車ローン

販売店(ディーラー)が提携しているクレジット会社を利用すると、販売店クレジットという分割払いで購入することができます。

 

販売店(ディーラー)と提携しているだけに「クレジットの審査が甘い」ので、比較的どなたでも利用することができます。

 

ただ、以下で紹介する自動車ローンと比較して「じゃっかん金利が高め」というデメリットがあります。

 

自動車ローン・クレジット申込みのお得な進め方

販売店クレジットの説明が終わったところで、ここで改めて自動車ローンと販売店クレジットのお申込みのお得な進め方について確認しておきます。

  1. 「販売店クレジット」について考える前に、先に複数の自動車ローンのお申込みをして審査に通っておきます(契約はまだですよ)
  2. 販売店(ディーラー)にて「クレジット」の金利や詳細を聞きます
  3. 審査が通った自動車ローンと「販売店クレジット」の中で、一番お得な金利のものをチョイス!そして契約へとつなげていきます

 

この順番で行うポイントは、先に低金利の自動車ローンの審査に通るかどうかを確認しておくところです。

 

自動車ローンの審査には、日数がかかりますから、焦って金利の高い販売店クレジットにお申し込みをしてしまう前に、日数的な余裕を持って自動車ローンの審査に通っておきましょう!

 

銀行・郵便局の自動車ローン

給与振込みされている銀行や定期預金のお付き合いのある銀行や郵便局があるようでしたら、一度、自動車ローンについて詳しく聞いてみてください。

 

一般的には、他のローンやクレジットと比べて、金利が低めに設定されています。

 

お付き合いがある銀行や郵便局の方が良いのは、一般金利よりさらに低くしてくれることがあるからです。

 

ちなみに、銀行や郵便局の審査は、1〜2週間かかるのが普通ですから早い段階で申込みをしておきましょう。

 

ただし、審査基準は勤続年数が数年以上の正社員の方でないと、審査に合格するのは少し難しいかもしれません。


数十万円お得な車の買い替えの流れ

(1)乗っていた車を高く売る

(2)次に乗る車を安く買う

【愛車を高く売る為のポイント】

  1. 下取りではなく買取り査定
  2. 一括査定なら最高値で売れる【オススメ】

【未使用車・中古車・新車を安く買う】